滞在制作2日目
  
by kaerureport | 2009-06-30 21:57 | かえる事務局
体育館舞台上の作業場も整い、昨日分別したペットボトルを使ってボートづくりが始まりました。
PTAのお母さんたちが朝から来てくれています。
数日前にオリエンテーションがあったばかりの水都大阪2009、藤チームのサポーターも早速参加。

e0195164_21542333.jpg


藤さんよりレクチャーを受け、ペットボトルをシリコンで接着しボートの土台をつくるところからそれぞれ作業開始。
分類作業の残りや、ちゃんと洗われていないペットボトルの洗浄も引き続き行います。ペットボトルはちゃんと洗ってなかったり、乾かしてないと、ふたを閉めてしまうので、しばらくするとカビが生えてしまのです。洗ったペットボトルを乾かすのに、お母さんたちがオリジナルの道具も開発。

e0195164_21541025.jpg


コラボレーションアーティストの福永宙くんも現場入り。
ペットボトルと一緒に学校で集めてもらっていたハンガー400本を分類。

e0195164_21543659.jpg


今回は舟をつくることにはなっていたが、どんな舟にするかは現場に入り素材の集まり具合を見てから考える。というのが藤さんの流儀。体育館に来てくれている人たちにも話を聞きながら、子どもやお母さんからのリクエストが多かった亀、七夕伝説にちなんでかささぎ(トリ)そして、水都の最初の頃のプランから登場していたドラゴンをつくることに。かささぎというのは、織り姫と彦星が一年に一度会う時に渡る橋をかささぎが翼を連ねてつくるという伝説から。七夕発祥の地である交野市ならでは。ドラゴンは水神でもあり、藤さんが学生の頃からモチーフとなっていて、水都大阪の最初の頃のプランから登場していたもの。

そして夜は観光協会の会長さんがセッティングしてくれた妙見坂地区のみなさまとの懇親会。宿泊先にお風呂がないという私たちのために、食事会&お風呂に入れていいただくというコース。
[PR]
<< 滞在制作その3 地域連携事業スタート!交野市・... >>