恐怖のペットボトル分別作業
  
by kaerureport | 2009-08-26 23:42 | かえる事務局
オープンから5日目。
工房では、ペットボトルの分別。。。
e0195164_173155.jpg


朝からのサポーター2人で500ml丸と四角を分けて、ブロックづくりの準備。
そこに子どもも現れてお手伝い。
ゴミ袋2袋分類しても、同じ種類が集まらず、、
ブロックづくりはストップ。

e0195164_0512328.jpg

福岡や交野市から運び込んだもの、そして会場に持ち込まれたたペットボトルをとりあえず軒下につっこみオープンを迎え、次の日にはすだれて隠された大量のペットボトルを引っ張り出して分別作業を行う。
まずは大きさごとに分ける。最近はボトルのデザインが多様化し、細かいディテールを見だすときりがない。恐怖の分別。
3時からのサポートスタッフ4人と越智君がペットボトルと格闘する。
制作する前の重要な作業。
藤さんの言う「何かをつくろうとする態度をちゃんと見せていく」のと同じように、こういう地道な作業も同じこと。


500mlのみを分類するために、全部を引っ張り出すことになり、思いがけず時間がかかってしまいましたが、この作業のおかげで、今後はもう少しスムーズに分類することが出来そうです。
お手伝いをしてくれた子どもたちがヘトヘトになっていたサポーターを助けてくれました。
みなさんお疲れさまでした!

かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]
<< 水都大阪6日目 からだにお絵描き、2回目 >>