<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
  
新たな恐竜
  
by kaerureport | 2009-09-24 23:39 | かえる事務局
トイ・ザウルス第一号が完成して休む間もなく青の恐竜がつくりはじめられる。
最前線でお客さんの賞賛の声を浴びながら、話しかけてくるみなさんとの対話を大事にしつつも、
黙々と作業を進める藤さん。そして、ふと後ろを振り返り、この現場の風景に感動して涙する。
e0195164_222283.jpg

e0195164_2394651.jpg

e0195164_158667.jpg


赤いザウルスの顔は、何度もやり直していましたが、もう一度手を加えたようです。
e0195164_1513912.jpg


このトイ・ザウルス、会期終了後は西成区の南海一本線跡、去年のブレーカープロジェクト「まちが劇場準備中」でデコポリ・キャッスル設置した同じ場所に登場する予定!
その前に此花にも立ち寄るかも!

かえるシステムディレクター雨森信
[PR]
pbボート完成!
  
by kaerureport | 2009-09-22 13:56 | かえる事務局
9月11日より、小屋の裏側で作業スペース広げて作りはじめた5人乗りボート。
通りがかりのお客さんになぜか励まされながら、なんとか完成しました!
e0195164_1684228.jpg


ボート周辺の星は、交野市、天の川七夕まつりで展示したときのもの。

会期中か会期後には、進水式と川下りを行う予定!?

かえるシステム・ディレクター雨森
[PR]
おお賑わい!!
  
by kaerureport | 2009-09-21 23:36 | サポートスタッフ
9月21日


連休真っ只中。

小児がん専門の病院をつくろうと活動しているNPO法人チャイルド・ケモ・ハウス(以下チャイケモ)さんによるワークショップがおこなわれ、かえっこ屋周辺は大変にぎわっておりました。おそらく会期始まって以来の人が訪れたのではないでしょうか。チャイケモさんのワークショップはいくつもあったのですが、この機会にチャイケモさんの活動が多くの人に伝わればうれしいです。

バザール中はたくさんの人でどうなることかと思いましたが、しかしなんのその。子ども達はおもちゃで遊び楽しんでいる。子ども達の『お店屋さんごっこ』であるかえっこ屋は、子ども達の遊び場なのです。私たちスタッフは、子ども達がそのお店屋さんごっこをするのを、かるーくサポートする感じでいれたらよいのです。
でもねぇ、なんだか手取り足取りな姿勢になりがちなんですよね~。もっと子どもに任せるように、ちょいと意識を変えていかんにゃなりませんな。

e0195164_124875.jpg

おもちゃがあるところに子どもは吸い寄せられ、そしておもちゃに埋もれる。
かえっこ屋はそんなところなのです。


サポートスタッフ 的場久実(みー)
[PR]
恐竜・完成!
  
by kaerureport | 2009-09-21 01:44 | かえる事務局
かえっこで集まってしまうおもちゃの破片。
かえる工房の通路側に色分けして展示していた大きめの破片で藤さんがつくり始めたのは、なんと恐竜。準備段階では、まったく上がっていなかったアイデア。
これまでに破片で作られていたトリやキャッスルに比べるとはるかに大きい。

2009.8.29
e0195164_039297.jpg


2009.8.30
e0195164_0394612.jpg


2009.9.3
e0195164_040238.jpg

e0195164_0491875.jpg

朝7時頃から現場入りして、日々制作する藤さん。
しかし、10時以降はほとんど作業が出来ない、、

e0195164_0494223.jpg

おもちゃで出来ていることに気付いてみんな立ち止まる。子どもにも大人気!

2009.9.17
e0195164_130177.jpg

e0195164_0495599.jpg

この数日は、目が何度も付け替えられたり、ディテールをつめていく。
恐竜の下に埋もれて作業する藤さん!

e0195164_0495972.jpg

ほぼ完成。
制作を終了し、小屋から少し乗り出してお客さんを迎えるトイザウルス

連休2日目、さすがに来場者が多い。
工房の周りは、恐竜にひかれて集まってくる人!人!人!
e0195164_1374896.jpg

「すごーい」という声と、シャッターを切る人が後を絶ちません。
家族や友だちもしくはカップルたちが、まるで観光地にでも来たかのように記念撮影。

オープンしてから随分たくさんの人がここで撮影されていますが、その写真はそれぞれのブログにアップされていたりするのでしょうか!?

52日間、工房のドラゴンや恐竜たちがいろんなカメラで記録され、結果として多くの人の人生のワンシーンとして記憶に残っていくということがとても興味深いです。


かえるシステム・ディレクター雨森
[PR]
OK表示
  
by kaerureport | 2009-09-20 23:18 | かえる事務局
連休に向けて、レイアウトを少し変えたり、表示を充実させてみる。
工房では藤さんを筆頭にスタッフが黙々と作業に熱中していて話しかけにくい瞬間もあり、、、
もっと来場者のみなさんが気軽に話しかけたり、作品に触ったり座ったり、撮影したり出来るようにと、藤さんがつくりだしたのが「OK」印。
張り紙は行為を禁止することがほとんどなので、このかえる工房では「OK」を伝える表示をつくりたかったとか。
e0195164_19141668.jpg
e0195164_19162833.jpg

今回新たに作られたソファー。
試座OKの表示がなくても、かなりの人が座って記念撮影していたと思いますが、、
さらに座る人が増えてます。
新たな撮影スポットとして大活躍中!

みなさん試座された後、
「これいいなぁー」とか「私も欲しい、作りたい!」
と口々に感想を述べ、接着について質問していかれます。

来年あたり、ペットボトルDIYがひょっとすると流行るかもしれません。

かえるシステムディレクター雨森
[PR]
ポリフで看板
  
by kaerureport | 2009-09-16 23:06 | かえる事務局
ポリフで作っていた「かえっこ屋」の表示。
「屋」に苦戦していましたが、やっと完成!!
これで、ポイントを持って走ってくる子どもにも見つけやすくなったと思います。

e0195164_23403085.jpg


かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]
風景に手を入れる!
  
by kaerureport | 2009-09-13 23:56 | かえる事務局
かえる工房の南側、土佐堀川沿いにオープン直後から設置されている緑の三角コーンとコーンバー。
川の柵があるのに、その前にずっと立てられたまま、、、

藤さんが小屋の前の風景として美しくないということで、撤去を要請。
が、既存の柵に上って川に落ちないようにということで、そのまま最終日まで設置されるとのこと。
それを受けて、その風景をなんとかしようと、ペットボトルのコーンをつくり、ポリフのコーンバーに貼っていくことになった。

e0195164_2240224.jpg

黄色と赤の旗が完成し、二人のサポーターが朝から夕方までかかってようやく取り付ける。
中家(ナマケモノ)さん、廣原(みどり)さん、長時間どうもありがとうございます!!!

e0195164_23462888.jpg

ペットボトルコーンも通路脇にならび、随分いい風景になりました!

かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]
イザ!カエルキャラバン
  
by kaerureport | 2009-09-13 10:14 | かえる事務局
e0195164_10191032.jpg

e0195164_18312063.jpg

e0195164_18324117.jpg


オークションの司会は、常連の6年生の男の子と藤さん!!
e0195164_18401717.jpg



そして、水都大阪2009事前地域連携事業として、6月末から10日間、公開制作を行わせてもらった小学校のPTAのお母さんたちが自分たちの地域でもかえっこを・・と、視察に来られました。
子どもたちと一緒にバンクの仕事を手伝ってもらいました。
e0195164_18495375.jpg



かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
雨のかえっこバザール
  
by kaerureport | 2009-09-12 18:23 | かえる事務局
今日はあいにくの雨。
体験コーナーを企画するかえっこパートナーの申し込みもない日だったので、隣のかえる工房とリンクした形の作業コーナーを作り、子どもたちに参加してもらうことにしました。

かえる工房では、生活廃材を募集し、まちかざりの作品を日々作り続けているので、今日の体験コーナーでは、素材のペットボトルの底を切り抜き花模様をつくる作業に参加してもらいました。
e0195164_20121245.jpg
e0195164_2083393.jpg

最初は、外にテントをはり体験コーナーの場としていたのですが、途中から雨あしが強まり、
テントの中にも雨が吹き込むため、急遽、小屋内に作業スペースを設けることに。
雨のためお客さんは少ないといっても、おもちゃで遊ぶ子、作業する子、子どもを待つ親御さんにスタッフと満員のかえっこ屋になってしまいましたが、この密集している機会にお客さんといろいろ話をすることに務めました。
雨のかえっこバザールは大変なことも多いですが、雨だからできることを考えていきたいなと思いました。


e0195164_2011178.jpg
そして、予定通りオークションも開催。
今週も司会は常連の子どもからスカウトした6年生の男の子。
多くのお客さんに参加してもらい盛り上がりました。

雨でも関係なく1メートル近くある大きなぬいぐるみを落とした子も・・・。
「嬉しいのは子どもだけ、、」と苦笑いのお母さんでした。
[PR]
デコポリ:hang-art
  
by kaerureport | 2009-09-10 18:13 | かえる事務局
コラボレーションアーティスト、福永宙くんによる「hang-art」。
クリーニング屋でもらえるプラスチックのハンガー(フラットタイプ)を使ったまちの飾り[デコポリ]の一つ。昨年のプロジェクト「まちが劇場準備中」で誕生したプログラムです。

e0195164_1165420.jpg

e0195164_1175856.jpg

e0195164_1194098.jpg

サポートスタッフや子どもたちが参加して、中之島公園に"hang-art"が増殖中。
小屋の中だけでなく、バンブーフォレストなど周辺にも作品が広がっていきます。
e0195164_1185779.jpg

e0195164_127860.jpg


e0195164_12022100.jpg

工房控え室の壁面にも、新たに「hang-art」が登場。
2本のハンガーをつなげただけのシンプルなものですが、とても美しいカタチになっています。
さすが、宙くん!
果たしてハンガーと気付く人がどれだけいるでしょうか。

そうそう、まだまだハンガー募集しています。
いらなくなったハンガーがお家にある方は是非ご協力よろしくお願いします!!

今回は多面体の立体に挑戦。
会期終了後は昨年から作品が残っている西成の新開筋商店街アーケードに設置する予定です。

かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]