タグ:かえっこ屋 ( 18 ) タグの人気記事
  
最終日前日
  
by kaerureport | 2009-10-12 07:58 | かえる事務局
10月11日(日)

8月22日に開幕した水都大阪2009も、今日を含めて残すところ2日間となりました。

長い52日間でもありましたが、振り返ればあっと言う間にこの日を迎えている気がします。
最後の週に大型台風がやってくるというまさかのシナリオとなりましたが、それを機会に会場のレイアウトも一掃し、新たな気持ちで残りの日数を迎えることができました。


今日もかえっこバザールにはたくさんのお客さんが来てくださいました。

何度か参加してくれている兄弟は、オープンとともに来場。
「今日が最後だから(明日は用事で来れない)、夜までお仕事するよ」と、早速店をオープンする準備やバンクの仕事をしてくれ、頼もしい限りです。

また、開幕からほぼ毎日遊びにきてくれていた1歳の男の子とお母さんや幼稚園帰りにお友達と寄ってくれていた親子が今日も来場。
みなさんに挨拶をすると口々に「もう終わりますね〜」と声を掛けてくださり、「お世話になりました。」と仰ってくださいました。
公園事情が充実していない中之島周辺に住んでいる親子にとって、水都は安心してゆっくり過ごせる場にもなっていたことを実感しました。


そして、今日、お客さんから圧倒的に多かった質問は、「かえっこは他ではいつやってるの?」という内容。
今までは、水都に来れば毎日かえっこに参加できたので、そこまで聞かれることは多くなかったのですが、明日で終わってしまった後は、どこに行けばかえっこに参加できるのかを知ろうとする親御さんが多く、52日間かえっこ屋オ−プンし、かえっこの魅力を知ってもらうことができ、伝えることができた成果であるなぁと嬉しく思いました。
これからは「かえっこ」というフレーズに反応してもらうことができると思います。

また、この52日間でかえっこに出会った人たちが、自分たちの地域でかえっこを開催し、それが地域に定着していけば、子どもたちの遊び場が増え、関わる人たちのつながりができ、、、藤さんがよく仰る連鎖反応が生まれ、予期せぬズレが発生し、、、充実した地域社会につながっていくのではないかという期待があります。
残りの最終日、一人でも多くのお客さんにいかにかえっこの魅力を伝えていけるか、、スタッフとともに頑張りたいと思います。

最後の一日、ぜひぜひ会場に遊びにいらしてください。


今日のかえっこバザール体験コーナーは、京都橘大学小暮ゼミ2回生のみなさんによる「ゼミの宿題のお手伝い」、あそびっこくらぶの皆さんによる「楽器あそび」、クリオネの皆さんによる「マジックショー」と盛り沢山の内容となりました。


かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
平日ですが・・・
  
by kaerureport | 2009-10-07 01:28 | かえる事務局
10月5日(月)


大賑わいの週末を終え、月曜日からの平日は、次の週末に控え掃除に片付けとゆったりとしながら過ごす、、はずなのですが、今日は朝から吉野小学校の社会見学の受け入れ対応が文化座全体であり、忙しい月曜日となりました。

かえっこ屋の見学はなかったのですが、各小屋の体験後にもらう「かえるポイント」をもらった子どもたちが、自由時間を使ってどっと押し寄せ、その対応にばたばた。
12時には学校の子達は帰っていき、一息つけるかと思いきや、今日は昨日に運動会があった学校が多かったみたいで、その代休を利用してのお客さんが次々とやってきました。

おもちゃを持ってくる人も多く、水都大阪でのかえっこの定着がうかがい知れます。

夕方ごろには、お客さんの数も落ち着きましたが、それまではお客さんの対応やかえるポイント目当ての「お仕事させて~」の対応にてんやわんやの一日となりました。
来場者数のカウンターをみてびっくり。
今日一日で470人ものお客さんが来てくださいました。


かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
おお賑わい!!
  
by kaerureport | 2009-09-21 23:36 | サポートスタッフ
9月21日


連休真っ只中。

小児がん専門の病院をつくろうと活動しているNPO法人チャイルド・ケモ・ハウス(以下チャイケモ)さんによるワークショップがおこなわれ、かえっこ屋周辺は大変にぎわっておりました。おそらく会期始まって以来の人が訪れたのではないでしょうか。チャイケモさんのワークショップはいくつもあったのですが、この機会にチャイケモさんの活動が多くの人に伝わればうれしいです。

バザール中はたくさんの人でどうなることかと思いましたが、しかしなんのその。子ども達はおもちゃで遊び楽しんでいる。子ども達の『お店屋さんごっこ』であるかえっこ屋は、子ども達の遊び場なのです。私たちスタッフは、子ども達がそのお店屋さんごっこをするのを、かるーくサポートする感じでいれたらよいのです。
でもねぇ、なんだか手取り足取りな姿勢になりがちなんですよね~。もっと子どもに任せるように、ちょいと意識を変えていかんにゃなりませんな。

e0195164_124875.jpg

おもちゃがあるところに子どもは吸い寄せられ、そしておもちゃに埋もれる。
かえっこ屋はそんなところなのです。


サポートスタッフ 的場久実(みー)
[PR]
ポリフで看板
  
by kaerureport | 2009-09-16 23:06 | かえる事務局
ポリフで作っていた「かえっこ屋」の表示。
「屋」に苦戦していましたが、やっと完成!!
これで、ポイントを持って走ってくる子どもにも見つけやすくなったと思います。

e0195164_23403085.jpg


かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]
イザ!カエルキャラバン
  
by kaerureport | 2009-09-13 10:14 | かえる事務局
e0195164_10191032.jpg

e0195164_18312063.jpg

e0195164_18324117.jpg


オークションの司会は、常連の6年生の男の子と藤さん!!
e0195164_18401717.jpg



そして、水都大阪2009事前地域連携事業として、6月末から10日間、公開制作を行わせてもらった小学校のPTAのお母さんたちが自分たちの地域でもかえっこを・・と、視察に来られました。
子どもたちと一緒にバンクの仕事を手伝ってもらいました。
e0195164_18495375.jpg



かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
雨のかえっこバザール
  
by kaerureport | 2009-09-12 18:23 | かえる事務局
今日はあいにくの雨。
体験コーナーを企画するかえっこパートナーの申し込みもない日だったので、隣のかえる工房とリンクした形の作業コーナーを作り、子どもたちに参加してもらうことにしました。

かえる工房では、生活廃材を募集し、まちかざりの作品を日々作り続けているので、今日の体験コーナーでは、素材のペットボトルの底を切り抜き花模様をつくる作業に参加してもらいました。
e0195164_20121245.jpg
e0195164_2083393.jpg

最初は、外にテントをはり体験コーナーの場としていたのですが、途中から雨あしが強まり、
テントの中にも雨が吹き込むため、急遽、小屋内に作業スペースを設けることに。
雨のためお客さんは少ないといっても、おもちゃで遊ぶ子、作業する子、子どもを待つ親御さんにスタッフと満員のかえっこ屋になってしまいましたが、この密集している機会にお客さんといろいろ話をすることに務めました。
雨のかえっこバザールは大変なことも多いですが、雨だからできることを考えていきたいなと思いました。


e0195164_2011178.jpg
そして、予定通りオークションも開催。
今週も司会は常連の子どもからスカウトした6年生の男の子。
多くのお客さんに参加してもらい盛り上がりました。

雨でも関係なく1メートル近くある大きなぬいぐるみを落とした子も・・・。
「嬉しいのは子どもだけ、、」と苦笑いのお母さんでした。
[PR]
賑わっています
  
by kaerureport | 2009-09-06 22:45 | サポートスタッフ
 
9月6日(日)、気持のよい晴れ。
どうも、サポートスタッフの亀野(かめちゃん)です。

今日は日曜日。
世間ではお休みの日ということで会場も賑わっておりました。


平日との差が一目で分かるのがご存じかえっこ屋ですね。
かえっこバザールの人の収集力は目を見張るものがあります。

以前、リクくんというかえっこ屋常連の男の子がオークションを取り仕切ってくれたのですが、今日も拡声器を片手にやる気満々でオークションに参加。
e0195164_056223.jpg

自らオークション商品も落札し、見事に司会進行役も務めあげました。
おみごと!!
彼の将来が楽しみです。


一方バンブーフォレストの方では、スキンヘッドの外国人さんが人を集めていました。
何やら、風船を使ったパフォーマンスのようで、子どもの頭に風船を巻きつけたりして帽子のようなものを作っていました。
e0195164_103236.jpg

これいいですよね!!
いまどきの若い女の子風に「かわいい~」とでも言っておきましょうか(笑)
どんな風に出来上がるんだろうって、見てるだけで楽しくなっちゃいました。

ちなみに子どもが座っている椅子はペットボトルの椅子で、かえるシステムからお貸ししておりました。


サポートスタッフ 亀野聡美(かめちゃん)
[PR]
新聞紙でエコバック
  
by kaerureport | 2009-09-06 18:22 | かえる事務局
本日も京都橘大学の学生さんによる3回目の体験コーナー。
新聞紙を使ってエコバックを作るという工作コーナーです。
e0195164_17465335.jpg



そして、今日、オークションの司会を担当してくれたのは、常連の6年生の男の子!
いつもお手伝いもたくさんしてくれ、体験コーナーにも積極的に参加している子です。
常連の子どもたちも増えてきて、いろいろとお仕事を任せれるようになってきました。
e0195164_18212241.jpg



かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
アフリカン太鼓演奏体験コーナー
  
by kaerureport | 2009-09-05 18:28
今日の体験コーナーは、ジェンベ奏者、川辺ともみさんによる「アフリカン太鼓体験コーナー」。
ご自身のお子さんとそのお友達と一緒に開催してくれました。

太鼓を叩く川辺さんの後に続き会場を練り歩く子どもたちの姿がとってもかわいいです。
手には叩いてくれた子に渡すためのカエルポイント交換券。
e0195164_1846575.jpg


「子どもたちに太鼓に触ってもらえるだけでも・・・」とかえっこパートナーとして参加してくださった川辺さん。
軽快なリズムを奏でながら会場をまわり、パチッと目があった子どもには、太鼓を叩くように合図を送ります。川辺さんがパンパンと叩き、その同じリズムで叩くよう、太鼓の音だけの会話が始まります。1つの太鼓でも、その叩く場所や叩き方によって音が全く違い、子どもたちはなかなか苦戦していますが、だんだんと上手くなり、つかの間のセッションが行われます。

小さな子どもでも、川辺さんの目をじっと見て、その音を全身で感じちゃんとリズムにのっていて驚きました。
e0195164_1910367.jpg

e0195164_19121181.jpg
e0195164_19131743.jpg


川辺さんの太鼓への愛情と子どもへのまなざしがとても温かく、本当にいい体験コーナーとなりました。


e0195164_1916763.jpg

かえっこバザールも終盤、隣のかえる工房の裏の木の下で演奏する川辺さん。

ほんとに心地良かったな〜


かえっこ屋・事務局 松尾
[PR]
キラキラのなかのキラキラ
  
by kaerureport | 2009-08-31 17:00 | サポートスタッフ
8月30日 日曜日

ども、サポートスタッフのやっしぃこと伊林でございます

今日はかえっこ屋でのワークショップ『タンブレリ』のサポートをしておりました

e0195164_2246747.jpg


原田大輔プロが一対一で丁寧に指導してくれてました

原田プロと子供達からは汗がキラキラ

子供達が終わった後に若いご夫婦が『子供が寝ている間に私達にもやらせてもらえませんか?』と来られて、横に乳母車を置いて汗がキラキラ

爽やかだぁ、いい汗かいてるなぁ皆さんっっ(伊林の心の声)

そんなきらめく汗のなかで、とてつもなく成長が著しい少年がおりました・・・

その名も理久(りく)くん!!
抜群の運動神経の持ち主で最高記録を打ち出しては、また、そしてまた最高記録をぬりかえるという偉業を成し遂げました

48回・・・58回・・・62回!!

もはや誰も彼をとめることはできませんでした

62回をたたき出して、かえるポイントを20ポイントGETした時の彼は、見守ってくれていたカワイイ妹達とハイタッチをかわし去っていきました

カッコ良すぎるぜ、理久くん!!

まだまだ理久くんレジェンドは終わらないっっ!!

なんと彼は勤勉家でもあったのです!!

かえっこ屋でお手伝いをいっぱいして、ずいぶん前からポイントを貯めていたようで
オークションでは見事に欲しいおもちゃを落札していました

しかも、オークションの司会まで務めておりました

素晴らしいっっ!!
e0195164_22432292.jpg


次回の活躍も期待しております049.gif

サポートスタッフ 伊林円
[PR]