タグ:ペットボトル ( 7 ) タグの人気記事
  
「白い恋人たち」開幕
  
by kaerureport | 2009-12-12 22:00 | かえる事務局
大阪 光のルネサンス2009が開幕しました。
水都大阪の地域連携事業「交野市滞在制作」から始まった「かえるシステム」。ついにこの光のルネサンスまで連鎖し、まちを飾ることになりました。
開幕初日は4時から点灯式イベントが行われ、雨の中でもたくさんの来場者の方が会場にいらっしゃいました。そして会場にはサンタの格好をした子どもや大人がたくさん。サンタの格好をした人で御堂筋を歩くのだとか…
e0195164_14145662.jpg

西会場入り口すぐ横に展示されている「白い恋人たち」は必ずと言っていいほど来場者の足をとめます。白い玉石で敷き詰められたハート型のオブジェや、新作のpbツリーは点灯していなくてもとてもきれいです。そんな中さっそくサンタの格好をした子どもがソファーに座ったりボートで遊んだり、ジム帰りに会場に寄ったおばちゃんたちに、作りかたを聞かれたり。水都会期中にも感じた、大阪人のストレートな反応や何か絡もうとする姿勢、やっぱり大阪ですね。
そして雨も少しずつあがり、陽も沈み暗くなり始めた頃、点灯式司会者の合図で一斉に点灯!
暗かった西会場が一気にあかるくなり、会場からは「おぉ〜」という声がわき起こりました。
e0195164_14154057.jpg

ツリーに設置された照明がつき、白い玉石は降り積もった雪のようにキラキラ輝き、その周りを石燈籠の明かりが優しく灯しています。交野市天の川から水都大阪中之島会場経由で泳いできたボートは、今回はハートの明かりを目指して泳いでいるようです。開幕初日から本当に多くの来場者のかたに楽しんでもらえました。
e0195164_14162990.jpg

とても心地のいい空間です。是非会場までお越し下さい。
e0195164_1417272.jpg


大阪 光のルネサンス2009
「白い恋人たち」
提供:株式会社明治大理石
協力:藤浩志「かえるシステム」スタッフ
場所:西会場「ウエストライトパーク」(市立科学館北側)
日時:12月12日(土)〜25日(金)17時〜22時

かえるシステム
黒飛忠紀
[PR]
準備完了のつもりが!
  
by kaerureport | 2009-12-11 22:00 | かえる事務局
緊急事態発生!
前回のブログでアップしたように、光のルネサンス「白い恋人たち」の設営は無事に終了したはずだったが…
設営終了から降り出した雨がひどくなり、夜から朝にかけては風まで強くなってきた。こんなに強い雨風は久しぶりです。よりによって何で今日なのか…ペットボトルの作品たちは大丈夫だろうか。
心配したサポートスタッフのみーと中家さん、そして中家さんの会社の中田さんで会場に向かってみると、ドラゴンボートは倒れ、pbツリーは風に飛ばさればらばらになっていました。予想以上に風が強かったようです。明日からの会期に向け設営を始めます。幸い設営を始めたら雨があがりました。
会期中また強い雨風がきても大丈夫なようにツリーの固定に強度を増し、防水対策もさらに頑丈にしました。
陽も沈み、一段と寒くなり始めた頃設営が完了しました。西会場の他のプログラムも設営が終わり片付けの準備が始まっています。
最後に照明のチェックをしてみようと、電源を入れると…
西会場に新しい風景が誕生しました。素晴しい展示空間ができました。
気になる方は是非会場まで足を運んでみてくだあい。
まだ会期前なので、展示の様子を少しだけ。
e0195164_12211981.jpg

光のルネサンス「白い恋人たち」間もなくスタートです。

かえるシステム
黒飛忠紀
[PR]
準備完了!
  
by kaerureport | 2009-12-10 22:00 | かえる事務局
12月になりました。もう今年も残すところあと1ヶ月です。
先月の5日から始まったドキュメント展も無事に終わり、「かえるシステム」はまた次のステージに向かっております。今日は光のルネサンス2009「白い恋人たち」の設営です。
天気は曇り、いつ雨が降ってくるか心配です。
設営メンバーは藤さん、サポートスタッフのみー、はっぴ、中家さん。そして中家さんの会社の明治大理石から社員の方6人で設営を始めました。みんなお揃いのジャンバーで設営スタートです。
まず、大理石や白い玉石でつくられたハート型のオブジェの周りに新作pbツリーを、物販テント前の広場にはボートやコーンを展示することになり、まずはそのレイアウトを決めました。交野から生まれたボートたちはみんな、ハート型のオブジェのほうに進むイメージになりました。
e0195164_0122152.jpg

レイアウトが決まったら、次は照明のセッティングです。水都期間中に工房で展示していたように、今回もツリーやボートに照明を仕込むので、その配線や結線の準備と作業です。漏電しないようにしっかりビニールテープを巻き、来場者の方がつまずかないように地面を掘って照明コードを埋めました。
e0195164_0132653.jpg

みんな手際がよくスムーズに作業も終了し、素晴しい展示スペースが完成しました。設営完了後みんなで記念撮影!ハイ、チーズ!
みなさん、お疲れ様でした。
e0195164_0134997.jpg


かえるシステム
黒飛忠紀
[PR]
pbボート完成!
  
by kaerureport | 2009-09-22 13:56 | かえる事務局
9月11日より、小屋の裏側で作業スペース広げて作りはじめた5人乗りボート。
通りがかりのお客さんになぜか励まされながら、なんとか完成しました!
e0195164_1684228.jpg


ボート周辺の星は、交野市、天の川七夕まつりで展示したときのもの。

会期中か会期後には、進水式と川下りを行う予定!?

かえるシステム・ディレクター雨森
[PR]
初、工房
  
by kaerureport | 2009-09-03 00:15 | サポートスタッフ
曇り、そして暑い9月2日

サポートスタッフの『みー』です。


今日は初めて『かえる工房』で作業をしました。へへっ(^_^)v

久しぶりにシリコンボンドをかまえペットボトルと格闘してました。
基本的に何かをツクルということに対してコンプレックスを持っている私にとって、工房という名の場所に身を置いて作業をしているという状況がとても不思議な感じです。

黙々と集中して作業を行っていると、たまーにお客さんと話す機会もあったりするのですが
この時間が結構重要なひとときだなぁと思いました。

e0195164_22583647.jpg


今日もあるご婦人に

「これ(ペットボトル)にそれ(ポリクラフト)貼って花飾りーや」とご意見いただきました。貴重なご意見ありがとうございました。実行するかは未定ですが・・・。


様々な人と関わりあいながら、このかえる工房とかえっこ屋が人に与えるもの、そして私が得るものとはなんぞや?と考えてしまいました。
ん~~、考えすぎだな私。とにかく楽しい場所で充実した時間が過ごせているのでヨカッタヨカッタ。



サポートスタッフ 的場久実(みー)
[PR]
今日も元気です
  
by kaerureport | 2009-08-31 16:25 | サポートスタッフ
8月30日(日)、どうもサポートスタッフの『かめちゃん』こと亀野です◎

今日も暑かったですね。
初日の土日に比べると来場者の数は劣るものの、たくさんの方に来ていただきました。
今日は休日なので、かえっこ屋ではかえっこバザールも開催され、たくさんの子ども達が参加してくれました。

突然ですが皆さん、「タンブレリ」という競技をご存知でしょうか?
スコットランド(だったかな?)発祥のスポーツらしいのですが、タンバリンを使ったバドミントンのような競技。
「タンブレリ」はシャトルを使い、「タンブレロ」はボールを使うそうです。
e0195164_1651057.jpg

今日はその「タンブレリ」の体験コーナーがワークショップとして設けられていました。
もちろんカエルポイントももらえますよ◎

私は実際にやってないんですが、見ていてとても楽しそうにやっているので、すごく参加したくてうずうずしていました。いつかはやってみたいなぁ。


ところかわってかえる工房では、いつものようにペットボトル分類作業を子ども達に手伝ってもらいました。
e0195164_16153442.jpg

いやぁ、やっぱり手伝ってもらうとスピードが全然違いますね。
あっという間に必要な分の分類が終了。

しかしながら。。。
いつも思うんですが、子ども達は元気ですね。
とくに男子!!
やかましいくらいに元気です。
この暑い中、よくあそこまでエネルギーを消費できるもんです。
私にもあんな頃があったんでしょうか?

そんな事を考えつつ、今日も一日を過ごしていました。


サポートスタッフ 亀野聡美(かめちゃん)
[PR]
恐怖のペットボトル分別作業
  
by kaerureport | 2009-08-26 23:42 | かえる事務局
オープンから5日目。
工房では、ペットボトルの分別。。。
e0195164_173155.jpg


朝からのサポーター2人で500ml丸と四角を分けて、ブロックづくりの準備。
そこに子どもも現れてお手伝い。
ゴミ袋2袋分類しても、同じ種類が集まらず、、
ブロックづくりはストップ。

e0195164_0512328.jpg

福岡や交野市から運び込んだもの、そして会場に持ち込まれたたペットボトルをとりあえず軒下につっこみオープンを迎え、次の日にはすだれて隠された大量のペットボトルを引っ張り出して分別作業を行う。
まずは大きさごとに分ける。最近はボトルのデザインが多様化し、細かいディテールを見だすときりがない。恐怖の分別。
3時からのサポートスタッフ4人と越智君がペットボトルと格闘する。
制作する前の重要な作業。
藤さんの言う「何かをつくろうとする態度をちゃんと見せていく」のと同じように、こういう地道な作業も同じこと。


500mlのみを分類するために、全部を引っ張り出すことになり、思いがけず時間がかかってしまいましたが、この作業のおかげで、今後はもう少しスムーズに分類することが出来そうです。
お手伝いをしてくれた子どもたちがヘトヘトになっていたサポーターを助けてくれました。
みなさんお疲れさまでした!

かえるシステム・ディレクター雨森信
[PR]